上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近あっついですね。
熱中症に気を付けましょう!とテレビでいってますが、
みなさまいかがおすごしでしょうか?
ひかるです。
髪を切りました。

6月8日(土)
参加:桶野さん、ひかる、りゆさん、七瀬さん、コーライさん(午後)
前公演がおわってからの久々の練習でした。
体がなまりきってる感がいなめない…。

朝から神戸のコミスタに集合し、
準備運動→筋トレ→久々の声だしをして、
今後舞台上で殺陣をすることが多くなりそうだ!という情報を手に入れた
桶野さんとひかるは、
【陰陽師 異新伝 幽玄奇譚】でお世話になっためりさんとこで習った
アクションを手探りでレクチャーしてやってみることに。

桶野さん「よし、じゃあひかるちゃんの教わったことをおしえて!」
ひかる 「お、思い出します…えーと、まず向い合せになって…」

腕立てをしたり、
体側を伸ばしたり、スクワットしたり午前中はみんなで汗だく。

桶野さん「いやー汗だくだね!」
ひかる 「まさかの汗だくですね」

みんなでお昼を買いにいって食べて、コーライさん登場。
練習脚本をみんなでやって・・・・・・・・

ありがたいことに時間がたくさんある状態。

なにか、なにかないか!?と考えた結果、
円になって口頭話をつくっていき、できた話を実演する。というものをすることに。

まず桶野さん
①登場人物
演劇部大学生女子
その演劇部の先輩(男子)
劇場の支配人(45歳)
夏のある日、工業地帯にある劇場が舞台。
セミの鳴き声のうるさい夏。
女子大学生とその先輩は支配人に呼び出され、
「おばけがでるらしいから退治して」と頼まれる。

バトンが七瀬さんへ
②まず二人は
前回小屋で上演したときの「ゴーストバスター」の小道具をとりに。
男子学生は165cmくらいの錫杖、女子学生は文化包丁2本。
いろいろ探し回るがおばけはおらず、支配人に「いない」というが
「もう一度さがしてきて」と支配人。
再び探し始める二人。
一度分かれて30分後にここで、と約束するも
女子学生が時間になっても帰ってこない。
男子学生は支配人に相談、次は支配人が探しに行くことに。

バトンはコーライさんへ
③男子学生は入口で待つことに。
だんだん日が沈み、男子学生の影が舞台へとのび、
いつの間にかセミの鳴き声も消えた。
すると、遠くから「カタカタ」という音が。
男子学生は【指示通り待つ】べきなのか。
【逃げる】げきなのか。
それとも【戦う】べきなのか。

バトンはりゆさんへ
④男子学生は勇気を振り絞って音のするほうへ。
扉をひらくと、女子学生の靴がころがっていた。
そして隣には光るものが…。

ラストひかる
⑤男子学生はその光るものへ手を伸ばす。
するとその光へ吸い込まれ白い空間に立ち、
気が付くと目の前にはいなくなったはずの女子学生が。
不思議に思いながら歩き続けると、先ほどの舞台小屋の前につく。
「やぁまっていたよ」いつもとかわらない支配人。
「今度は、失敗しないようにね」と。
男子学生、絶句。
どうやら二人は無限ループにはまってしまったようだ。

エライコッチャー!!

という無理やり終わらせた感MAXで〆て、
次はみんなで演じてみよう♪ということに。
じゃんけんで役者決定。

支配人=七瀬さん
男子学生=ひかる
女学生=コーライさん

なんだかすてきセレクション☆
話の道筋はきまっているけれども、会話はすべてアドリブ。
質問されたら、その場で回答を考えだししぼりだすという難しさ。
とくに支配人が難しかった…。
七瀬さん、お疲れ様でした…。

桶野さんとりゆさんがやってない!ということで
上記の物語の解決編もみんなで考えたのですが、

ちょっと長くなったので今日はここまで(汗)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
現在の状態
サイト内検索
QRコード
QRコード

INDEX  »  TOP   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトひかる  »  日頃つかわない肉をそこそこいためつけてみよう。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
Powered by FC2 Blog | | Template by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。